沖縄の獅子舞

August 6, 2017

沖縄の獅子舞は以前お伝えした様に2人1組で行い本土の獅子舞とは異なり全身を毛で覆われているのが特徴です。

沖縄では中秋の名月や豊年祭・地域によってはお盆等の際にその場の邪気を祓い清める演目として行われる事が多く、その他にも弥勒世(豊年)を招き、五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄や地域の繁栄をもたらすといわれ各地で受け継がれてきました。

沖縄本島の獅子舞では一頭、宮古・八重山諸島の獅子舞では雄雌一対の二頭等で舞われたりしています。

 

伝統的な獅子頭は沖縄の県花であるデイゴの木を元になっており、胴体には糸芭蕉の繊維で作られています。最近ではその限りではありませんが、赤や緑,灰色等様々な色の獅子舞がおります。

沖縄でも獅子舞は地域の人々に親しみある芸能として人気があります。

 

 

獅子舞出張派遣サービスでは、結婚式での新郎新婦の門出を祝う縁起物としてご依頼ください。お二人の末長い幸福をお祈りします。獅子舞出張派遣サービスでは、日本全国のご依頼にも対応しております。結婚式だけはなく企業の周年パーティーやパチンコ店の新装開店などへもご依頼がありましたら福をもたらします。是非、イベントを盛り上げる余興としてご依頼下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

獅子舞の演者とは

August 3, 2017

1/3
Please reload

最新記事

January 3, 2020

January 1, 2019

February 3, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索